ベランダをつかむ私の腕

「もう堅くなってるじゃないか・・・」

 

「はぅん・・・」

 

直にバストをまさぐられた後、義兄の指が乳首を捕らえました。風に当たっているのに、私の身体は熱く火照りはじめていました。

 

「おま○こも濡らしてるんじゃないのか?」

 

義兄がいじわるそうに聞きながら、後ろに突き出した私のヒップを撫で回します。

 

スルッ・・・。

 

そんな感じで、身につけていたタイトスカートが下ろされてしまいました。

 

(あぁ・・・恥ずかしい・・・)

 

その時です。

 

「あっ!」

 

(えっ?)

 

声の方向は、向かいのマンションからではありません。

 

「隣の高校生だよ」

 

義兄が再び背後からバストを揉みながら、私の耳元でささやきました。

 

「あいつに見せつけてやろう」

 

俊之さんは、ベランダをつかむ私の腕を取り、右隣のほうに移動させました。2メートルほど先では、男子高校生が好奇の目で私を見つめていました。

 

(いや、見ないで・・・)

 

そう思いましたが、いじられている乳首はこれ以上ないくらい勃起していました。

 

(あぁぁ・・・俊之さん、だめぇ・・・)

PR

メニュー