好きになった相手がタイプ

聞かれて困る質問のひとつに「どんな男の人がタイプ?」というものがある。

 

「西島秀俊さんみたいな人」「いつも笑わせてくれる人」「お金持ち」と一言でズバリと言えないし、好きになったり恋に落ちるときは、そんなのは全部吹っ飛んでいるはずだからだ。

 

それでもまあ、それなりの恋愛経験を積んでは失敗もしてきて、月並みだしざっくりしているが「外見は少し重要、内面はかなり重要」という結論には至っている。

 

よく「外見で人を判断するな」という言葉があるが、少しは重要だと想っている。

 

特に人間30代40代も過ぎてくれば、生き様がその顔や表情に刻み込まれてくることも多いように見受けられる。

 

そういう観点で「外見は少しは重要」だと思っている。

 

よって私は、いくら顔の造作が美しくても惹かれない人には絶対に惹かれない。

 

逆もまた然り。

 

あと、声も重要だったりする。

 

声はなるべく低い人が良い。

 

高いと生理的に全く受け付けないこともあるからだ。

 

また、肩幅も広いほうが良い。

 

そうした骨格に男の色気を感じたい…と書いていると、外見=動物的な本能で良し悪しをかぎ分けているようにも思えてきた。

 

但しやはり、内面(性格や価値観や行動パターンなど)のほうが重要度は大きいのは間違いない。

 

上記で絶対に惹かれないとした顔の造作が美しい人だって、知るうちに惹かれている可能性はある。

 

生き様が刻み込まれた顔に魅力を感じたものの、その刻み込むに至った人生における価値観の相性が合わないことだってある。

 

その内面の良し悪しのポイントは人それぞれ違うだろうが、とにかく一緒に居て疲れないことが最重要なのだろうと思う。

 

個人的には、無言の時間も全く苦にならない関係が良いと思っている。

PR

メニュー