年なんて関係ない

カズヤは朋美の夫に嫉妬していた。

 

朋美たち夫婦だけの歴史があるんだろう。

 

今日知り合ったばかりの自分には絶対に手の届かないもの。

 

こんなにも朋美の身体を開発した奴が許せない。

 

朋美を自分だけのものにしたい。

 

「ああっ」

 

朋美はカズヤとセックスしている自分が不思議だった。

 

これは夫に対する報復?いや違う。

 

何だろう。

 

自然とこうなってしまったと言うしかない。

 

自分をコントロールして女をオーガズムに導ける自信がある。

 

「朋美!朋美!」

 

「あっ、すごいっっ」

 

朋美も全身でそれに応え、悦んだ。

 

グチュ、グチュ……

 

部屋の中には淫靡な匂いが立ち込めている。

 

「うう…朋美…オレもうだめだ……」

 

「あぁ…私も…私もいきそう……」

 

朋美の中は温かかった。

 

「ううっ」

 

「あっ、ああーッ! 」

 

母の胎内のような、海の底のような……。

 

「で…出る……」

 

「中に……中に……ああっ、いくっ、いくっ!」

 

「うあああああ!」

 

ドクン、ドクン……

 

朋美の子宮に向かってに大量のエキスが放たれた。

 

「朋美……」

 

「すごい……私の中に熱いものがいっぱい……」

 

それから2人は初めて出会った橋の上でいっぱい話した。

 

「じゃ、あさっての正午、ここで待ってる。

 

どこかで一緒に暮らそう」

 

「ええ、絶対来るわ。

 

でも、こんな年上の私でいいの?」

 

「年なんて関係ないよ。

 

何ていうかさ、クサイ言葉だけど朋美とこうなる運命だった気がするんだ」

 

「カズヤ……」

 

「朋美こそ、旦那さん捨ててもいいの?」

 

「もう決めたの。

 

カズヤと生きていくって」

 

「そっか。

 

オレももうこれ必要ないな」

 

カズヤはポケットから携帯を取り出し、川に向かって投げた。

 

(真似しないでね:林檎)

 

こんな人生もありだよな。

PR

メニュー