誕生日に主人が一緒に

なかなか可愛い顔立ちだ。

 

「私は朋美」

 

「主婦?」

 

「そう」

 

「子供は?」

 

「まだいません」

 

ブルブルブル……

 

携帯がまた鳴っている。

 

カズヤは適当に返信した。

 

「さっきのことだけどさ、まさか変なこと考えてないよね」

 

「変なことって?」

 

「川をじっと見て泣いてたから」

 

朋美はうっうっと嗚咽を始めた。

 

「私なんて、私なんていないほうがいいんです」

 

「いないほうがいいって、何でさ」

 

「主人は私のこと愛してないんです。

 

他に好きな女性がいるんです」

 

「何でまた」

 

「主人が学生時代に付き合っていた女性が、離婚してバツイチになったんだそうです。

 

それで同窓会で主人と再会して、また付き合うようになったんです」

 

「証拠はあるの?」

 

「携帯をこっそり見ちゃったから。

 

それに……今日は私の誕生日なんです。

 

誕生日に主人が一緒にいてくれなかったことは初めてです。

 

多分、彼女の家にいるんだと思います」

 

カズヤの中に何か不思議な感情が起こった。

 

いつからか忘れていた純粋な気持ち。

 

急に朋美がいとおしく感じ、そっとベッドに倒した。

 

「ひどいご主人だね」

 

カズヤは朋美に唇を重ねた。

 

「……だめよ」

 

朋美は両手でカズヤの胸を押して抵抗した。

PR

メニュー