タバコを吸う人に守ってもらいたい喫煙マナー

タバコを吸う方に絶対守ってもらいたいのは喫煙マナーです。

 

ポイ捨てや歩きタバコなどの喫煙マナーがなってない方が多すぎます。

 

世の中にはタバコが大嫌いな人タバコの煙で死んでしまうような疾患をもった人がいっらしゃるのです。

 

そのような方々に配慮し、喫煙マナーを守る喫煙者になって欲しいと思っております。

 

まず第一に、「歩きタバコ」をしないこと。

 

たとえ携帯灰皿を携帯して「ポイ捨て」をしないとしても、道ですれ違った方に不快な思いをさせる恐れがあります。

 

すれ違いざまに子供に火傷を負わせたり非道でなければ失明させてしまうケースがあることは申しあげるまでもないでしょう。

 

と言うか、基本的に屋外や完全分煙されていない職場では喫煙しないで頂きたいと思ってります。

 

また、喫煙本数が増えたり、タバコをもっと楽しみたいと思い始めるとパイプや葉巻を始める方がいられます。

 

嫌煙者や化学物質過敏症の方には、所謂「受動喫煙」をしなくても、喫煙者の体臭に反応してしまいます。

 

ですから遠出をするなど、不特定多数の人と接触する可能性のある場合お出かけ前にタバコの匂いの染み付いたシャツを着替え、時間が許せばついでにシャンプーもすることをお勧めいたします。

 

また、JRのホームには喫煙所がありますし、飲食店等には喫煙席と禁煙席をわけてあるケースが多いです。

 

これらの多くは不完全分配と言って、喫煙場を完全に区切って煙が漏れないようにする完全分配ではありません。

 

ですので禁煙者に気を使って吸うよう心がけてもらいたいです。

 

しかし現実には、自宅での喫煙が不可能な所謂「ホタル族」のような方や数時間おきに吸わなければいけないニコチン依存症の方々。

 

また自分の家から排気したタバコの煙はどこえ流れていくの?などの問題もあります。

 

環境破壊問題はタバコの煙が十分に関係しております。

 

喫煙するにあたってマナーは絶対条件ですが、今の社会は喫煙者を受け入れない社会変わりつつあるのは肝に銘じてほしいです。

 

タバコは毒です。

 

禁煙者のことをもっと考えて喫煙しましょう。