パレットと親指の間

女は、自分が差し出した黒く太い帯で男が目隠しをしたのを確かめて、車を再発進させた。

 

まもなく車を止め、

 

「さあ、着いたわ。

 

頼むわね、カンちゃん。

 

実はね、私、さるお方にお願いの筋があって、今回のことは、こちらが先に少し貸しを作るということだから……どんなことがあっても、ビクつかないでね、カンちゃん。

 

ねぇ、アッチは大丈夫?」

 

そう言いながら、女は、小山のような躯を男の方ににじり寄せ、股間へと手を伸ばした。

 

そこはすでに鋼鉄のようだ。

 

女は興奮の叫び声を上げた。

 

「ワッ、ワッ、す、すごいわね、ああ、大丈夫、大丈夫よ。

 

よかったぁ……ねぇ、お願いがあるの。

 

さるお方をご満足させて、もし時間が余ったら、ねぇ、私にも、して。

 

それって、規約違反じゃないわよね?」

 

「規定の時間内なら、大丈夫です」

 

目隠しをした男は、前を向いたまま言った。

 

女はますます興奮し、男の首に両手を掛けた。

 

「じゃ、絶対そうして。

 

ああ、半分あきらめていたの……今日はムリじゃないかって。

 

ホントに嬉しい。

 

そうと決まったら、早く行きましょう、あ、あなた目隠ししてるのよね。

 

待ってて、そちらに行くわ。

 

手を引いて連れて行ってあげる」

 

声を弾ませて、女はシートベルトを外しにかかった。

 

テーブルに置かれた静物に、ガラス張りの天井から朝の光が降り注いでいる。

 

絵筆をパレットと親指の間に挟んだ今日子(くみこ)は、イーゼルに片手を添えて、カンバスの位置がずれているのを直した。

 

このアトリエには家政婦が入らないはずなのに、なぜずれてしまったのか。

 

(そういえば……)

 

思い当たる節があった。

 

「落ち着きなさいよ、この年齢(とし)になって」

 

周りの物がガタガタと揺れる中、いつもと同じ口調で今日子は言った。

PR

メニュー