女の問い掛け

一つもってらっしゃらないとすれば、ご主人かしら。

 

そんなことはどうでもいいわね、とにかくずっとお一人でお暮らしで、寂しいだろうと思いきや、もうとにかくお忙しい方で、しかも、充実した生活をお送りよ。

 

本業もそう、趣味の方だって何をやらせても超一流、それでご飯を食べていけるんじゃないって思うくらい。

 

それにね、それに輪を掛けるくらいの、美貌よ、美貌」

 

相手も自分と同じくらい興奮しているに違いない、という期待を込めて、女は助手席を見た。

 

助手席の若い男は、曖昧な笑みを浮かべた。

 

こう言うとね、不思議に思うでしょ、そういう人と付き合うと、劣等感が増すばかりじゃないかって。

 

だって、私、才能だって、美貌だってあるわけじゃないし。

 

これで、普通の、一般的な才能ある美人のそばになんか寄れないわよ、比べられるのイヤだし。

 

でもね、くみ……じゃなくてそのさるお方といるとね、そんなこと忘れちゃうの。

 

ざっくばらんとしていて、嫌みがなくて、話が面白くてね。

 

いつも仲間の中心にいるような方よ。

 

あのお方を囲むサークルがいくつもあるの、わかるわぁ。

 

みんな一度会うとあのお方のとりこになってしまうのよ」

 

ちょうど細い道が交差する角に車がさしかかり、運転席の中年女は、話をやめ、慎重にハンドルを操作して左折した。

 

そして、ほかの誰も聞いていないはずなのに、声を落として助手席の男に囁きかけた。

 

「それでね、ある日ね、私、あなたのことをさるお方にお話ししたの、もう一月くらい前。

 

そうしたら『ぜひ逢いたい』って、あの方がすごく興味を持ってね。

 

でも、あの方も身分のある方だから、『煙突屋』に入会できないわよね、だからね、私言ったのよ、『今度カンちゃんが付くようなことがあったら、連れてきますから』って。

 

私、『煙突屋』の社長さんに確認したんだから。

 

『規定の時間内なら、付いたコをどうしようがお客様の自由です』って。

 

そうでしょ?」

 

女の問い掛けに、助手席の男は、

 

「そのとおりです」

 

とはっきり答え、うなずいた。

 

女は車を止め、

 

「さあ、もうすぐだわ。

 

もうすぐそこよ、さるお方のお屋敷。

 

それで、悪いけど、カンちゃん、ここで目隠ししてくれる?悪いけど、さるお方の素性をあなたに知られたくないの。

 

さるお方も、あなたの素性には無関心でいる、これが約束よ。

 

私の言うとおりにしてね。

 

大丈夫よ、うまくいくわ」

PR

メニュー