化粧はしていない

年のころは30ちょっとだろうか、ぽろぽろ涙を流している。

 

左手の薬指に指輪をしている。

 

主婦だろうか。

 

「ごめん、ハンカチ持ってなくて」

 

カズヤは持っていたティッシュで女の涙を拭いてやった。

 

「うっ、うっ」

 

女はしがみついてきた。

 

どうしよう、このまま放ってはおけないよな。

 

もしものことがあったらヤバイよ。

 

「とにかくさ、落ちついてよ。

 

オレでよかったら話聞くからさ」

 

「はい」

 

とは言ったものの、車の往来が激しく、静かに話をできそうな場所なんて周りにない。

 

「ファミレスもないのかよ。

 

すげえ田舎だよな」

 

と、いやに風景に合わないラブホテルが目に入った。

 

「仕方ない。

 

あそこで話そうよ。

 

いや、何するわけじゃないから」

 

女はコクンとうなずいた。

 

うわぁ、いつからあるんだよ、このホテル。

 

「ごめんなさいね。

 

心配させて」

 

「で、どうして泣いてたの?いや、その前に名前聞かせてよ。

 

オレはカズヤ」

 

カズヤは女の顔を真正面から見た。

 

化粧はしていない。

 

泣いているせいか、瞳が潤んで、鼻が赤くなっている。

PR

メニュー