川を見ている女

ブルブルブル……

 

またかよっと思いつつ、カズヤは胸ポケットに入っている携帯を取る。

 

『夏休み終わったらまたお店行くからね。

 

早く帰ってきてね』

 

客のエミからのメールだ。

 

『エミちゃん、絶対だよ!オレ待ってるから!』

 

と返信し、はぁ〜とため息をつく。

 

今は新幹線の中。

 

せっかくの夏休みだというのに、数分ごとに携帯が鳴る。

 

カズヤは東京でホストをしている。

 

地方から出てきて2年、店の月間トップになることも多くなり、今は主任と呼ばれるようになった。

 

10人入っても、1ヶ月後に残るのは1人いるかいないかという厳しい世界。

 

いつか新宿の有名な店に移り、そこでトップになり、将来は自分の店を持ちたいという夢を持っている。

 

客から毎日メールがガンガン入り、自分の時間なんてないようなものだ。

 

しかし、お客あってこそのホストである。

 

また、カズヤからも客へメールを出しまくる。

 

メールも大切な営業の一つなのだ。

 

今日から3日間の夏休みで、帰省するところだ。

 

普段は日曜日しか休みがないカズヤにとって、3日間の貴重な休みである。

 

早くダチに会いてえなぁ。

 

新幹線を降り、在来線に乗り換えた。

 

実家の最寄り駅より2つほど手前に、花の名前のつく綺麗な名前の駅がある。

 

カズヤは何となくそこの駅で降りたくなった。

 

実家までぶらぶら歩いて帰るのもいいだろう。

 

その駅を降りて5分ぐらい歩いたところに、大きな橋が架かっている。

 

橋を渡っている途中、泣きながら川を見ている女が目に入った。

 

何してんだろうとカズヤが思ったそのとき、女の体がふらりと前のめりになった。

 

「うわっ」

 

カズヤは慌てて駆け寄り、女の体を支えた。

 

「何してんだよ!危ないだろ!」

 

「ごめん…なさい」

PR

メニュー