二人の熟女

「おおっ、おおっ」

 

と吠えるような声が規則的に夫人の口から漏れる。

 

腕はまっすぐに伸ばされ、手はラグを巻き込むように掴んでいた。

 

間もなく目が固く閉じられ、ラグを掴んだ手がブルブルと震えた。

 

かすれたような呻き声が、気をやったしるしだった。

 

男は抽送のリズムを早め、夫人の快感を高める。

 

「ああ、よかったわぁ。

 

ねぇ、もっと、もっとよぉ」

 

夫人は前歯を剥き出しにして、さらなる交合をおねだりする。

 

男は前傾姿勢を強めて、腰の律動を再開させた。

 

「そう、そう……もっと強くして、そうよ、そうよ」

 

頭を捩って男に呼びかけた夫人は、舌なめずりして、また目を閉じる。

 

オーガズムと弛緩を繰り返しながら、夫人の肉体は性感で充満していった。

 

「奥様」

 

男は何回目かのアクメを迎えた後の夫人に呼びかける。

 

セックスの最中とは思えない、冷静な声だ。

 

「なあに、カンちゃん?もう時間?」

 

「残りあと10分です。どうしましょう?」

 

「……延長ができればいいのにね、仕方ないわ。イカせて」

 

「はい」

 

男は、夫人の躯に密着すると、これまで以上に激しく責め立てる。

 

「ううううう、あああああ」

 

最後の絶頂に向けて、夫人は盛大によがり声を上げた。

 

疾駆する男の額には、ようやく汗がうっすら浮かんでいる。

 

深く突きを入れながら、男はクネクネと腰を回した。

 

「ああっ、カンちゃん、イク、イクイク……イクゥーッ」

 

激しく顔を横に振った勢いで、眼鏡がとうとう弾け飛んだ。

 

小山のような肉体はブルブルと揺れ、揺り戻し、悶えるように上半身を捩り、半身になれずにまたバターンと元に戻る。

 

若い男は静かに身を離した。

 

射精することなく二人の熟女を絶頂に追いやった男根は、太さと固さをなおも保っていた。

 

しかし、脈動が弱まりつつあるのを、男は感じていた。

PR

メニュー