不規則な動き

朋美は違う。
大きな鳴き声を出さなくとも、官能に入り始めているのを身体で、表情で表している。

 

「ん……あぁ」

 

そこはしっとりと濡れている。

 

指で触れていると泉はどんどんぬるみを増してゆく。

 

「ここにキスしてもいい?」

 

「恥ずかしい」

 

「だめでもする!」

 

カズヤは少年のような無邪気さで朋美の足元に回り込んだ。

 

そこに唇を寄せることに躊躇はなかった。

 

そっと開き、下から上へ舐め上げた。

 

ぺろん、ぺろん……

 

「いやぁ……」

 

朋美のそこは甘酸っぱい香りがする。

 

「あっ、あっっ」

 

敏感な突起まで舌を移動させた。

 

「あっ、だめっ」

 

硬くなっている突起を熱い舌で舐めた。

 

「あん、あぁん」

 

泉から湧き出る蜜液はシーツまで染みている。

 

「あっ…あっ…おかしくなっちゃう…だめ……」

 

言葉とは裏腹に、朋美は両手でカズヤの頭を抱えていた。

 

カズヤは朋美と視線をしっかり合わせながら、腰を進めていった。

 

ズズズ……

 

カズヤのものが朋美の中に入ってゆく。

 

「ああ……」

 

「痛くない?」

 

「大丈夫よ」

 

カズヤはゆっくりと出し入れを始めた。

 

ズッチャ、ズッチャ……

 

「ああっっ」

 

朋美のそこは湿った音でペニスを歓迎している。

 

「ああっ、いい……」

 

「いいの?朋美」

 

「いい…すごく……」

 

ジャリ、ジャリ……

 

茂みが絡み合っている。

 

カズヤは時々、不規則な動きを加えてみた。

 

「ああっ、ああんっ」

 

朋美は敏感に反応してくる。

 

「あっ、感じる……はぁっ」

 

清楚な朋美がベッドの中でこんなにも乱れている。

 

くそっ!

PR

メニュー