恋愛だけならやっぱり顔

自分が求める男性のタイプと言えば、「結婚相手」という条件がつかないのでしたら、やっぱりなにより「顔」ですね。

 

とは言え、カッコイイことが大前提ではないのです。

 

イケメンフェイスである必要はないのです。

 

私の好みの顔であって欲しいのです。

 

端的に言いますと、私は顔の濃い男性が好きなのです。

 

とは言っても、だいたい誰でも濃い顔の部類になる外国人ではダメなのです。

 

あくまで日本人で顔の濃い人が、ものすっごくタイプなのです。

 

そうですね、たとえるのえしたら映画「テルマエ・ロマエ」に出てくる男性陣のような人たちが、ものすっごくタイプなのです。

 

ちなみに平たい顔族(日本人)ではなくて、映画の中で古代ローマ人役をやっている俳優さんたちの面構えが大好きなのです。

 

なにも、阿部ちゃん(阿部寛)や篠原涼子の旦那さんである市村正親さん、それに北村一輝さんクラスでなくても、まったく問題はありません。

 

先にも言いましたけれど、イケメンでなくても良いのです。

 

ですから、宍戸開でも竹内力でも魅力的です。

 

とくに宍戸開さんは、映画「テルマエ・ロマエ」をきっかけに人柄の方でもファンになりました。

 

今では定期的に宍戸開さんをチェックしていますもの。

 

ですからある意味、濃い顔好きな私にとっては、「テルマエ・ロマエ」はイケメンパラダイス映画でしたね。

PR

メニュー